edge4cube blog

edge4cubeでの私の活動を記録したブログです

おひとりさまインスタンスを立ち上げる (3)ドメインを取得する

3回目は、ドメインを取得してみたいと思います。
ドメインと言うと日本では「お名前.com」が有名かと思います。
onamae.com
ここは、1年目は激安だったり50%オフセールやったりと場合によってはお得なんですが、登録するとメールがバンバン届くので嫌な方は嫌だと思います(笑)。
なので、今回はGoogle domainsでドメインを取得してみます。
domains.google.com
さて、googleさんですが、基本は英語なんですよね。なので普通に使うと英語を読まないといけません。でも回避方法があります。
まずは、Google domains のサイトを開いてください。

f:id:kaias1jp:20190113063207p:plain
トップページ
右上の「MANEGE MY DOMAINS」を選んでください。
f:id:kaias1jp:20190113063526p:plain
管理画面
右上の「Sign in」を選ぶとgoogleのアカウント選択画面になります。
f:id:kaias1jp:20190113063951p:plain
アカウント選択画面
ここでアカウントを作るのもいいですし、使っているアカウントを選んでもいいです。私は使っているアカウントを選びました。
f:id:kaias1jp:20190113064141p:plain
パスワード入力画面
f:id:kaias1jp:20190113064225p:plain
ログイン後の画面
この画面で日本語に切り替えることができますので、切り替えます。
f:id:kaias1jp:20190113064412p:plain
日本語表示に切り替えた後の画面
次は、新しいドメインを「検索」してみましょう。
f:id:kaias1jp:20190113064609p:plain
ドメイン検索画面
欲しい・取れそうなドメイン名を入力してみます。「.com」などは入れる必要ありません。検索すると、「取得できるか」「年額いくらか」が一覧で表示されます。
f:id:kaias1jp:20190113064859p:plain
検索結果画面その1
「すべての末尾」「価格」でソート・表示すると色々出てきます。
f:id:kaias1jp:20190113065337p:plain
検索結果画面その2
条件に見合うものがあったらそのドメインの右側のカートアイコンを押します。
f:id:kaias1jp:20190113065421p:plain
カートに入れる
「カートに移動」で支払い関連情報を入力していきます。
f:id:kaias1jp:20190113065624p:plain
カート画面
「精算」ボタンを押すと、住所などの入力画面になります。
f:id:kaias1jp:20190113065934p:plain
個人情報入力画面
英語ではなく、日本語でOKです。入力が終わったら次は支払い画面です。
f:id:kaias1jp:20190113070128p:plain
クレジットカード情報入力画面
ここでこの前使ったKyashも使えます。支払いが完了したら自分のドメインとして登録されます。
f:id:kaias1jp:20190113070341p:plain
登録後の画面
こんな感じでドメインを取得できます。ドメイン選びは悩みますが楽しいものです。ぜひ、気にいるドメインを手に入れてください。

おひとりさまインスタンスを立ち上げる (2)Kyashに入金(チャージ)する

2回目は、少し軽い話でKyashにお金を入れてみるです。

1回目でバーチャルを発行しましたが、もちろん残高ゼロです。

f:id:kaias1jp:20190101133712j:plain
残高ゼロ円

このままだとただのアプリ(?)なので、実際にお金を入れたいと思います。入金(チャージ)の仕方は色々あるようです。別のキャッシュカードから自動チャージすることも可能ですが、今の趣旨とは外れますので今回はセブン銀行ATMでのチャージを試してみます。
www.sevenbank.co.jp


やり方は簡単です。用意するのは(1)Kyashアプリがインストールされたスマホ(カメラ付き)、(2)紙幣(硬貨はダメです)、(3)セブン銀行ATM(セブンイレブンに行きましょう) です。

まずは、Kyashアプリで「現金チャージ セブン銀行ATM」を選びます。画面が切り替わり次のようになります。

f:id:kaias1jp:20190102053710p:plain
セブン銀行ATM選択

あとはセブン銀行ATMで「スマートフォンでの取引」を選ぶとQRコードが表示されますので、アプリでそれを読み込むとスマホの画面に番号が表示されます。その番号をATMに入力すると紙幣投入口が開きますので、紙幣を入れます。

f:id:kaias1jp:20190102054233j:plain
ATMでの選択

今回は3000円にしましたが、1000円からチャージできるようです。チャージできると、少し経ったらスマホ画面に「3000円」と表示されます。

f:id:kaias1jp:20190102054449p:plain
チャージ完了(アプリ画面)

念のため入金結果を印刷してみたらこんな感じで印字されるようです。

f:id:kaias1jp:20190102054822j:plain
入金結果

今回は紙幣でのチャージでしたが、別の方法もあるようなので好きな方法でチャージしてみてください。
次回は、ドメインを取得してみます。まずはGoogle Domainsです。

おひとりさまインスタンスを立ち上げる (1)キャッシュカード(Kyash)を作る

このドメインには、すでにマストドンインスタンスを用意しています。
social.edge4cube.work

今回から少し長い間、一人だけアカウントが登録できるSNS(おひとりさまインスタンスとも言います)を立ち上げるのにはどうしたら良いか、実際に立ち上げをやりながらブログの記事としてアップして行きます。

まずはお金をどうするか(出費)です。無料でできればいいのですが、少しの自由があったほうが最終的には嬉しかったりします。というわけで、今回は月額1000円以下でおさえる方向で進めていきたいと思います。本当は月ワンコイン500円とかなら嬉しいのですが・・・。

さて、月に支払う金額は設定してみましたが、支払い方法で困ることがあります。実は、おひとりさまインスタンスを立ち上げて運用していくときに使いたいサービスの中には、無料枠があってもキャッシュカードの登録が必要なものがあります。実際にお金を支払う必要があるサービスを利用する場合でも、キャッシュカードがあった方が便利なことが多いです。

でも、キャッシュカードって作るの面倒だったりしますよね(今はそんなことないのかな?)。今回の支払いは全てネット上でのサービスを対象にするという想定ですので、リアルなカード、つまりICチップや時期ストライプがついたカードが必要なわけではありません。カード番号と暗証番号、信頼できるカード会社と提携している、これを満たせば良いわけです。

今回は、Kyashというバーチャルなクレジットカードを使ってみたいと思います。
kyash.co

Kyash自体がどういうものかは今回説明しませんので、上記リンクの会社サイトを見てください。

さて、実際にKyashでバーチャルカードを作ってみたいと思いますが、すみません、前提条件があります。(1)SMSが使用できるスマートフォンのうち、(2)AndroidiOSで、(3)Kyashが提供するアプリをインストールできた 場合のみバーチャルカードが簡単に作れるようです。それ以外はやり方はあるかもしれませんが、今回は割愛します。

まずはスマホにKyashアプリをインストールしましょう。Kyashのサイトにアプリのストアへのリンクがあるのでそれをクリックしてください。

f:id:kaias1jp:20190101123603p:plain
Kyashアプリへのリンクボタンがある画面
ストアでアプリのインストールボタンがありますのでインストールしましょう。
f:id:kaias1jp:20190101124427p:plain
Kyash ウォレットアプリインストール

インストールしたアプリを起動するとこんな感じになります。

f:id:kaias1jp:20190101124854p:plain
Kyash起動画面
f:id:kaias1jp:20190101124942p:plain
初期画面

最初の画面でいくつか選択肢がありますが、私は「メールアドレスで始める」を選んでみました。その場合、会員登録画面が表示されます。

f:id:kaias1jp:20190101125231p:plain
会員登録画面その1
f:id:kaias1jp:20190101130202p:plain
会員登録画面その2

項目を埋めて進めると、電話番号入力画面になります。

f:id:kaias1jp:20190101130730p:plain
電話番号入力画面その1
f:id:kaias1jp:20190101132600p:plain
電話番号入力画面その2

次は、SMSの認証画面になります。

f:id:kaias1jp:20190101130401j:plain
SMS認証画面その1
f:id:kaias1jp:20190101130448j:plain
SMS認証画面その2

認証が済むとカードの選択画面になります。

f:id:kaias1jp:20190101133212p:plain
カード選択画面

今回はバーチャルカードを選択します。

f:id:kaias1jp:20190101133332p:plain
バーチャルカード発行画面

正常に発行されると、カード番号などが記載された画面が表示されます(実際に発行した画面なのでカード番号などは隠しています)。

f:id:kaias1jp:20190101133621j:plain
発行しました画面


ちなみに、メールアドレス認証確認メールが来ますので確認を忘れずに。

f:id:kaias1jp:20190101133849p:plain
メール認証完了画面

これで発行は終わりです。まだカードにチャージしていないので、残高は0円です。

f:id:kaias1jp:20190101133712j:plain
ウォレット画面

次回はカードへのチャージ例としてセブン銀行ATMでのチャージをしてみます。

edge4cube立ち上げ

welcome to edge4cube



今まで活動してきたドメイン(popnja.com, kaias1jp.com, pptdn.jp)とは別に、新たなドメイン「edge4cube.work」を取得しました。
このドメインは、お名前.comで取得したものです。

www.onamae.com

他のドメインさくらインターネットで管理をしていますが、今回のドメイン管理はCloudflareに一元化するつもりだったので、今まで使っていたところとは別のところで取得しています。
メインサイトの「https://edge4cube.work」は、ConoHaのレンタルサーバに構築していく予定です。
www.conoha.jp

このブログを除いて、すべてCloudflareでSSL化するつもりです。

www.cloudflare.com

ちなみに、このブログははてなブログPROの機能を使って構築していますが、使用しているサブドメインhttps://blog.edge4cube.work」はCloudflareのDNS機能のみを使用する形になっています。

hatenablog.com

f:id:kaias1jp:20181115031515j:plain

サイト構築に関してはこれくらいにして、edge4cubeでは何をやっていくつもりか少し書きます。
現在、私はmastodonというSNSにはまっています。特に、自分のインスタンスというのを持てるのが気に入っています。なので、edge4cubeではmastodon、その中でも特にインスタンスの構築にフォーカスを当てて活動していることを書ければいいかなと思っています。ま、それ以外にもハードの話とかも書くかもしれません。ではでは、よろしくお願いします。